戦争の跡



これは、豊橋市大岩町にある トーチカ の跡です。



トーチカって何?という人も多いと思いますが、これは太平洋戦争末期に作られた太平洋岸(通称 表浜)から上陸するアメリカ軍を攻撃するため大砲を据え付けたものです。



コンクリートの厚さは1メートル。物資が不足していた時代によく作ったものです。



当時は山の中だったそうですが、今は住宅街に忽然と現れます。





現地はJR二川駅の少し北にあります。駅からもチラリと見えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック